TVドラマ化作品 前シーズンをチェック

2008年冬のおすすめ
原作ドラマ&アニメ大集合!

  

2008年冬の原作のあるあすすめドラマ&アニメの番組リスト

時間/曜日

8:00〜

          デルトラ・クエスト  

9:00〜

            ゲゲゲの鬼太郎

9:30〜

            ワンピース

しゅごキャラ

10:00〜

          ケロロ軍曹 ハヤテのごとく!

10:30〜

          家庭教師ヒットマンREBORN!  

11:20〜

          あたしんち  

13:30〜

安宅家の人々 安宅家の人々 安宅家の人々 安宅家の人々 安宅家の人々    

18:00〜

おじゃる丸 おじゃる丸

D.Gray‐man
おじゃる丸

遊戯王デュエルモンスターズGX
おじゃる丸

銀魂
おじゃる丸

きらりん☆レボリューション
  ちびまる子ちゃん

18:10〜

忍たま 乱太郎 忍たま 乱太郎 忍たま 乱太郎 忍たま 乱太郎 忍たま 乱太郎    

18:30〜

            サザエさん

19:00〜

    アイシールド21 ポケットモンスターダイヤモンド&パール ドラえもん

まるまるちびまる子ちゃん
   

19:30〜
(19:26〜)

名探偵コナン

チョコミミ
  BLEACH
(ブリーチ)
NARUTO      

20:00〜

      鞍馬天狗     篤姫
21:00〜   ハチミツとクローバー       1ポンドの福音

フルスイング
 

21:45〜

        しばわんこの和のこころ    

22:00〜

    斉藤さん 鹿男あをによし

だいすき!!
     

23:10〜

          SP 警視庁警備部警護課第四課  

23:25〜

      逮捕しちゃうぞフルスロットル      

23:55〜

        灼眼のシャナ II    

25:00〜
(24:59〜)

  逆境無頼カイジ

キューティーハニー THE LIVE
         

25:20〜
(25:25〜)

    魔法先生ネギま!        

25:30〜
(25:29〜)

バンブーブレード 魔人探偵脳噛ネウロ

素敵探偵ラビリンス
        みなみけ

26:00〜

            獣神演武 HERO TALES

26:15〜

          しおんの王  

26:29〜

      結界師      
27:00〜28:00台の2分間 1分半劇場 24のひとみ 1分半劇場 24のひとみ 1分半劇場 24のひとみ        

パープル文字の表記のものは、長期継続放送中の番組、 または"ワンピース"、"サザエさん""おじゃる丸"等のように期は変わりながらも継続している番組です。

スペシャル番組リスト

2008年1月3日(木曜) NHK総合系 (21:00〜)雪之丞変化
2008年1月4日(金曜) テレビ朝日系 (23:30〜)おいしいデパ地下
2008年1月4・5日(21:00〜) フジテレビ系 のだめカンタービレinヨーロッパ
2008年1月5日(土曜) NHK総合系 (21:00〜)ファイブ
2008年1月6日(19:00〜) フジテレビ系 あんみつ姫
2008年1月11日(21:00〜) フジテレビ系 浅見伝説三部作:1 耳なし芳一からの手紙
2008年1月18日(21:00〜) フジテレビ系 浅見伝説三部作:2 熊野古道殺人事件
2008年1月25日(21:00〜) フジテレビ系 浅見伝説三部作:3 天河伝説殺人事件

速報!
ドラマ&アニメ化決定リスト

2009年1月放送予定

 天地人

2008年冬の原作のあるあすすめドラマ&アニメの番組

2008年1月6日から

番組タイトル

"篤姫"

放送頻度/時間帯

毎週日曜日 /20:00〜

放送局/関連サイト

NHK総合(篤姫)

原作本情報

原作:宮尾登美子「天璋院篤姫」(講談社刊)*講談社文庫(上・下巻)あり

原作本 & 番組紹介

 NHKの朝の連続ドラマ“純情きらり”でヒロインを演じている最中の宮崎あおい氏が大河ドラマのヒロインを最年少で射止めたことでも話題となった“篤姫”がいよいよ放送されます!原作は、宮尾登美子氏の歴史小説で、薩摩藩主・島津家分家の生まれながら徳川13代将軍“家定”の正室となったものの1年半で未亡人となり仏門に入り、大奥から時代を見据え、江戸城無血開城に大きな役割を果たした“篤姫”の生涯を描いています。ふるさと薩摩の人々が中心となり迫まりくる倒幕という皮肉な時代の渦中にありながらも常に前を向き、わが道を貫いた“篤姫”の生き様は学ぶことも多く、共感を感じさせられるはずです。乞うご期待!

ドラマ&アニメトップへ

2008年1月7日から

番組タイトル

"安宅家の人々"

 

放送頻度/時間帯

毎週月曜〜金曜 /13:30〜

放送局/関連サイト

フジテレビ系(安宅家の人々)

原作本情報

原作:吉屋信子「安宅家の人々」(毎日新聞社/新潮社/講談社刊)**新潮文庫、講談社文庫あり 

原作本 & 番組紹介

 原作は、無償の愛を描いた名作といわれる小説。知的障害がありながらも無垢な魂を持つ夫“宗一”を支え養豚場経営を営む妻“国子”の平穏な生活を脅かすことになっていくのは、事業に失敗した夫の弟夫婦が転がりこんできた時から。ひそかに財産を狙い兄をそそのかす弟“譲二”、それにもまして“国子”を苦悩させていくことになるのは、優しく清純な義妹“雅子”の存在でした。夫を大切に思うあまり、外部から遮断してきた“国子”に対し、純粋に寄り添いピアノ等で新たな道を教えてくれた“雅子”に“宗一”がほのかな恋心を抱くのも無理のないことでしたが、それを知った“国子”の驚愕と苦悩は計り知れないものがあります。純粋さゆえに傷つきあう男女の姿を通し、幸せの意味を問いかけてくる作品です。ドラマでは“久仁子”と記されるヒロインを演じるのは、遠藤久美子氏。ホテル王“安宅宗右衛門”率いる安宅家の使用人として登場します。安宅家の長男ながら知的障害を持つ“宗一”には内田滋氏。異母弟“譲二”に小林高鹿氏、その妻“雅子”は小田茜氏が演じます。まさにお昼のドラマのためにあるような泥沼な人間関係が始まります・・・。

ドラマ&アニメトップへ

2008年1月8日から

番組タイトル

"ハチミツとクローバー"

 

放送頻度/時間帯

毎週火曜日 /21:00〜**初回のみ10:04まで10分拡大放送

放送局/関連サイト

フジテレビ系(ハチミツとクローバー)

原作本情報

原作:羽海野チカ「ハチミツとクローバー」(集英社刊)**全10巻 

原作本 & 番組紹介

 原作は、美大を舞台に男女5人の波乱万丈な青春ラブストーリーを繰り広げるコミック。見事な一方通行な片思い相関図は、切ないぐらいに純粋で読者をハラハラさせましたが、ラストの事件から意外な結末へと急展開、青春のほろ苦さを心地良く感じさせる作品になっています。全10巻の単行本発行数は累計813万部超え、第27回講談社漫画大賞を受賞し、深夜のテレビアニメ化、初主演の櫻井翔氏、蒼井優氏、伊勢谷友介氏、加瀬亮氏、関めぐみ氏らにより映画化もされています。ドラマでの主演は、成海璃子氏演じる“花本はぐみ”。繊細な心とダイナミックな芸術的才能を持ち、新進芸術家として注目を浴びる天才少女という役どころはそのままですが、原作よりも元気でまっすぐな“はぐ”に出会えそうです。純粋で純朴な青年“竹本祐太”には生田斗真氏、“森田”には成宮寛貴氏、“真山”には向井理氏、“あゆみ”には原田夏希氏が扮します。ドラマならではのラストにも期待したいところです。

★アニメハチミツとクローバーをチェック!

ドラマ&アニメトップへ

2008年1月9日から

番組タイトル

"斉藤さん"

 

放送頻度/時間帯

毎週水曜日 /22:00〜

放送局/関連サイト

日本テレビ系(斉藤さん)

原作本情報

原作:小田ゆうあ「斉藤さん」(創美社刊)**4巻までが発売中! 

原作本 & 番組紹介

 原作はコミック誌「office YOU」(集英社)連載中の社会派コミック。主人公は、正義を貫く母親“斉藤全子”。子どものしつけのできていない無神経な保護者が溢れる現代に、群れず、へつらわず、世の中にあふれる不条理を一刀両断してくれる勧善懲悪に徹したその姿は、快感でさえあります!理不尽な仕返しが行われる現代では困難なだけに、理想の母親に思える(?!)“斉藤さん”を演じるのは、観月ありさ氏。今ドラマでは凛々しい姿をみせてくれそうです。共演者には、ミムラ氏、高島礼子氏、北川弘美氏ら。原作の持つ現代を風刺した社会派作品の部分をどこまで描くのか?ドラマオリジナルとして痛快なままに描ききるのか?もみどころです。

ドラマ&アニメトップへ

2008年1月12日から

番組タイトル

"1ポンドの福音"

 

放送頻度/時間帯

毎週土曜日 /21:00〜

放送局/関連サイト

日本テレビ系(1ポンドの福音)

原作本情報

原作:高橋留美子「1ポンドの福音」(小学館刊)**全4巻 

原作本 & 番組紹介

 原作は、「週刊ヤングサンデー」(小学館)に不定期連載されていたコミックで、約20年かけて2007年春に完結。食欲が旺盛でいつも減量に失敗している根性無しながら、負けん気とシスターへの愛により成長していく駆け出し天才?ボクサー“畑中耕作”と修道女“シスターアンジェラ”の恋と成長の物語。ダメダメなボクサー“畑中耕作”を演じるのは、1年3ヶ月ぶりの連続ドラマ主演の“KAT-TUN”の亀梨和也氏、“シスターアンジェラ”には黒木メイサ氏。コメディタッチな主人公を亀梨氏がどう演じてくれるのかが楽しみです。

ドラマ&アニメトップへ

2008年1月17日から

番組タイトル

"鞍馬天狗"

 

放送頻度/時間帯

毎週木曜日 /20:00〜

放送局/関連サイト

NHK総合(鞍馬天狗)

原作本情報

原作:大佛次郎「鞍馬天狗」(苦楽社/中央公論社/毎日新聞社/光風社書店/朝日新聞社/徳間書店ほか刊) 

原作本 & 番組紹介

 原作の「鞍馬天狗」シリーズは、1924(大正13)年から1965(昭和40)年まで、「ポケット」や「少年倶楽部」(共に講談社)「週刊朝日」(朝日新聞社)「オール読物」(文藝春秋)等で連載され、長短あわせて47本の作品が描かれています。シリーズ全作品を読み解いていくための参考本には、川西政明氏の新書「鞍馬天狗」(岩波書店刊)がお薦めです。人を斬ることに対して大義名分があれば罪悪感のない初期の頃から如何なる理由でも殺すことはいけないことであると思うようになるラストまでの考え方の変化についても時代背景と共に詳しく学ぶことができます。普段は“倉田典膳”という浪人と名乗るが本名ではなく、他にも複数の名前や身分を持つ“鞍馬天狗”ですが、今ドラマでも公家姿の“小野宗房”と浪人の“倉田典膳”、そして“鞍馬天狗”の3役を野村萬斎氏が演じます。“宗房”のいとこ“白菊姫”には京野ことみ氏。緒形直人氏演じる“近藤勇”、杉本哲太氏演じる“土方歳三”、石原良純氏演じる“桂小五郎”と歴史上の人物とのぶつかり合いも見どころ。時代劇のヒーローのエンターテインメント作品としても楽しめそうです。

ドラマ&アニメトップへ

2008年1月17日から

番組タイトル

"鹿男あをによし"

 

放送頻度/時間帯

毎週木曜日 /22:00〜**初回のみ15分拡大放送

放送局/関連サイト

フジテレビ系(鹿男あをによし)

原作本情報

原作:万城目学「鹿男あをによし」(幻冬舎刊) 

原作本 & 番組紹介

 原作は、第137回直木賞候補作にもなった注目の新人・万城目学氏のファンタジィ小説。奈良の女子高に赴任した教師が奈良公園の鹿に命を受け、日本の滅亡を防ぐために奮闘していくことになっていきます。奈良の鹿、京都の狐、大阪の鼠としゃべる動物たちあり、日本滅亡あり・・・のコメディタッチな設定ながら、いつしか不思議の世界に入り込まさせられてしまう万城目ワールド満載のエンターテインメント作品なだけに、今ドラマでどう描くのかも気になるところです。原作では名前が明らかではない、気が弱く頼りない主人公“おれ”(ドラマでは“小川孝信”)を演じるのは、玉木宏氏。相棒として描かれる綾瀬はるか氏の演じる歴史オタクな同僚“藤原”が実は原作では妻子持ちの男性だったりと、ドラマオリジナルな楽しさも加えて展開されていき、物語としても新鮮な楽しみがありそうです。

ドラマ&アニメトップへ

2008年1月17日から

番組タイトル

"だいすき!!"

 

放送頻度/時間帯

毎週木曜日 /22:00〜

放送局/関連サイト

TBS系(だいすき!!)

原作本情報

原作:愛本みずほ「だいすき!!ゆずの子育て日記」(講談社刊)**2008年1月11日に6巻発売! 

原作本 & 番組紹介

 原作は、「BE・LOVE」(講談社)連載中のコミック。主人公は軽度の知的障害を持つ“福原柚子”とその娘“ひまわり”。同じ作業所に通う仕事仲間の“沢田草介”に恋をして赤ちゃんを授かった矢先に“草介”が交通事故で他界。子育ては無理!と周囲に反対されながらも“ひまわり”を生み育てていく決心をした“柚子”のお母さんとしての日々が描かれていきます。困難に負けずに、“大好き!”と思う気持ちに忠実に自分らしくまっすぐに生きていく“柚子”親子の姿を描いた、感動奮闘コミックです。主人公“柚子”には、ドラマ初主演ながら体当たりで難役に挑戦する香里奈氏。愛情一杯に“柚子”を包むように見守る母親に女優デビュー30周年の岸本加世子氏、“柚子”を支える人々を平岡祐太氏、福田沙紀氏、紺野まひる氏、余貴美子氏が演じていく、心を強く持てるドラマになりそうで楽しみです。

ドラマ&アニメトップへ

2008年1月19日から

番組タイトル

"フルスイング"

 

放送頻度/時間帯

毎週土曜日 /21:00〜

放送局/関連サイト

NHK総合(フルスイング)

原作本情報

原作:門田隆将原案:「甲子園への遺言 高畠導宏の生涯」(講談社刊) 

原作本 & 番組紹介

 原作は、2004年7月1日に、多くの野球人、生徒たちに惜しまれつつ世を去った、不世出の打撃コーチだった高畠導宏氏の生涯を描いたノンフィクション。高畠氏は、南海の藤原氏、ロッテの落合氏、高沢氏、西村氏、そして最近ではイチロー氏や田口氏など、数多くの名選手を育てたプロ野球界伝説の打撃コーチでした。長年第一線の選手たちの技術面と精神面の支えになり続けていた高畠氏が50代半ばにして一念発起し通信教育で教職の勉強をはじめ、2003年春には福岡県の私立筑紫台高校に新人教師として着任。社会科教諭として教鞭をふるいながら、野球部を甲子園に連れて行こうとしていた矢先・・・病気に冒されていたことに気づき・・・。今は亡き高畠氏の熱い思いが伝わってくる作品です。

ドラマ&アニメトップへ

スペシャル番組 2008年1月3日

番組タイトル

"雪之丞変化"

 

放送頻度/時間帯

2008年1月3日 /21:00〜

放送局/関連サイト

NHK総合(雪之丞変化)

原作本情報

原作:三上於菟吉「雪之丞変化」(いちろ社/春陽堂書店/東都書房/同光社出版/立風書房/講談社/新潮社刊)
**講談社・新潮社共に文庫(上下巻)あり。 


原作本 & 番組紹介

 原作は、謀略にはめられ非業の死を遂げた親の敵討ちの大望を秘めた女形“雪之丞”が宿敵の元長崎奉行達に迫っていく絢爛美に彩られた痛快な仇討ちと感動の時代劇。長谷川一夫氏、市川雷蔵氏らの大映スター総出演の市川崑監督の映画から美輪明宏氏のドラマまで幅広く映像化もされている時代劇好きには馴染み深い傑作娯楽大作でもあります。30数年ぶりに映像化される美貌の女形“雪之丞”とその一途な心にうたれる義賊“闇太郎”の2役に挑戦するのは、“タッキー&翼”の滝沢秀明氏。宿敵には中尾彬氏。その宿敵の一人娘でありながら“雪之丞”に思いを寄せる“浪路”には戸田恵梨香氏が扮します。現代版“雪之丞変化”!楽しみです!

ドラマ&アニメトップへ

スペシャル番組 2008年1月4日

番組タイトル

"おいしいデパ地下"

 

放送頻度/時間帯

2008年1月4日 /23:30〜

放送局/関連サイト

テレビ朝日系(おいしいデパ地下)

原作本情報

原作:酒川郁子:画,九十九森:作「おいしい銀座」(集英社刊)**12月19日に18巻発売! 

原作本 & 番組紹介

 原作は、「オフィスユー」(創美社)連載中のグルメコミックおいしい銀座。主人公は、リストラされ銀座の老舗カドヤ百貨店に再就職し、地下食品売り場=通称・デパ地下に配属された“斐馬真理”。でもそこも内情は倒産寸前で嵐のまっただ中…。立て直しを図る食品部のゼネラルマネージャー“榎木田純一”とのコンビでグルメ旋風を巻き起こし、恋と社内外の攻防を巻き込みながらデパ地下ストーリーが展開されていきます。“真理”を演じるのは鈴木亜美氏、“榎木田”には西村和彦氏。新春からテンポのいい作品になりそうです。今ドラマでは、ドラマ内で登場したオリジナル料理を実際にお取り寄せすることのできるテレビ朝日のショッピングステーション“Ropp!ng”と連動していることでも話題になっています。

ドラマ&アニメトップへ

スペシャル番組 2008年1月4・5日

番組タイトル

"のだめカンタービレinヨーロッパ"

放送頻度/時間帯

2008年1月4・5日(21:00〜)

放送局/関連サイト

フジテレビ系(のだめカンタービレinヨーロッパ)

原作本情報

原作:二ノ宮知子「のだめカンタービレ」(講談社刊)**11月13日に19巻発売! 

原作本 & 番組紹介

 女性コミック「Kiss」に連載中の二ノ宮知子さんコミックを原作に、昨年10月期に最高21.7%の平均視聴率を記録した上野樹里氏と玉木宏氏による連続ドラマ“のだめカンタービレ”が、2夜連続の新春スペシャルドラマとして登場します。物語は、初めての国際指揮コンクールに挑戦する“千秋”から始まるためフランス・パリでクランクインした撮影も好調のようで、パワーアップした“のだめ”に出会えそうで楽しみです。原作の“Sオケ”の音楽を愛する熱い心を投影し結成された劇中のオーケストラ“のだめオーケストラ”のクリスマス・スペシャルコンサートや海外オケの新録による“のだめカンタービレ スペシャルBEST!”のリリースも決定!年末年始は再び“のだめ”旋風に乞うご期待!

“のだめオーケストラ”のクリスマス・スペシャルコンサートの情報はこちらから。

ドラマ&アニメトップへ

スペシャル番組 2008年1月5日

番組タイトル

"ファイブ"

 

放送頻度/時間帯

2008年1月5日 /21:00〜

放送局/関連サイト

NHK総合(ファイブ)

原作本情報

原作:平山讓「ファイブ」(日本放送出版協会刊)
**くさか里樹氏の絵により「ビッグコミック」に連載されているコミックス「ファイブ」(小学館刊)も4巻までが発売されています! 


原作本 & 番組紹介

 原作は、バスケットボールスーパーリーグを舞台に繰り広げられる30代の男たちの熱い戦いとひたむきさから生まれる希望の物語。親会社の経営不振から強豪バスケットボール部が突如廃部に。リストラされた社員選手は優勝経験のないチームへ移籍。そこで出会ったのは、拾われ、集められた個性豊かなメンバーたち。地方の小さな町から、日本一を夢見て燃焼する30代の一癖も二癖もある5人のリストラ戦士が辿り着いたのは・・・。人が守るべきものは何なのか、考えさせられ、元気にしてくれる作品です。主人公“佐山健一”を演じるのは、岸谷五朗氏、チームメイトに筧利夫氏、柳沢慎吾氏、相島一之氏、パパイヤ鈴木氏、木島正明氏、サムエル・ポップ・エニング氏と、いい味を出してくれそうなメンバーが勢ぞろい。オリンピックイヤーの今年にふさわしいエンターテインメント作品になりそうです。

ドラマ&アニメトップへ

スペシャル番組 2008年1月6日

番組タイトル

"あんみつ姫"

 

放送頻度/時間帯

2008年1月6日 /19:00〜

放送局/関連サイト

フジテレビ系(あんみつ姫)

原作本情報

原作:倉金章介「あんみつ姫」(光文社/二見書房/講談社刊)
**いずれも絶版。から倉金氏の作品を原作に竹本泉氏が描いた「あんみつ姫」(講談社/宙出版刊)も出版されました。
**主婦と生活社から復刊されたものの表現に差別問題があるとされ出版停止になり、その後出版された改定版は絶版となっています。 


原作本 & 番組紹介

 原作は、“あまから国”を舞台に、おてんば盛りの姫が巻き起こす騒動をコミカルに描いたコミックで、1949年〜1955年にかけて「少女」(光文社)で連載以来少女マンガのブームを巻き起こした最初の作品と言われています。著者の倉本氏は、一連の作品で第2回小学館児童文化賞も受賞しています。その後竹本泉氏によるリメイク版が「月刊なかよし」「テレビマガジン」「たのしい幼稚園」(すべて講談社)他で連載され、コミックスとしても発売されています。1954年の雪村いづみ氏による映画化を始め、小泉今日子氏のテレビドラマまで過去にも何度も映像化されている人気作品。今ドラマでは、井上真央氏が、元気いっぱいに“あんみつ姫”を演じています。

ドラマ&アニメトップへ

スペシャル番組 2008年1月11日

番組タイトル

"浅見伝説三部作:1 耳なし芳一からの手紙 "

 

放送頻度/時間帯

2008年1月11日 /21:00〜

放送局/関連サイト

フジテレビ系(浅見伝説三部作:1 耳なし芳一からの手紙)

原作本情報

内田康夫「耳なし芳一からの手紙」(角川書店/実業之日本社刊)**角川文庫あり
**中邑冴氏の絵でコミック化された「浅見光彦ミステリースペシャル 黄金の石橋・耳なし芳一からの手紙」(実業之日本社刊)も発売されています。


原作本 & 番組紹介

 金曜プレステージ特別企画として“浅見伝説三部作”が登場。ルポライター“浅見光彦”が下関から乗り合わせた新幹線の車内で「あの女にやられた」・・・という言葉を遺し殺された男のバッグから見つかったのは、差出人が“耳なし芳一”の「火の山で逢おう」という謎めいた手紙。嫌疑をかけられた漫画家志望の家出娘“池宮果奈”、と自称ヤクザの“高山”に救いの手を差し伸べたばかりに、この手紙の謎を追うことに・・・。過去からの復讐の謎に迫ります。

ドラマ&アニメトップへ

スペシャル番組 2008年1月18日

番組タイトル

"浅見伝説三部作:2 熊野古道殺人事件 "

 

放送頻度/時間帯

2008年1月18日 /21:00〜

放送局/関連サイト

フジテレビ系(浅見伝説三部作:2 熊野古道殺人事件)

原作本情報

内田康夫「熊野古道殺人事件」(中央公論社/光文社刊)**中公文庫、光文社文庫あり。

原作本 & 番組紹介

 “補蛇落渡海”という観音浄土での往生を願い、死を覚悟で小舟に乗って熊野那智から旅立つ儀式が現代に再現されると聞いた推理作家“内田康夫”は、いやがる“浅見光彦”を誘って取材旅行に。熊野詣での古道をたどる二人は南紀山中で奇妙な殺人事件に遭遇し、またしても事件に巻きこまれることになていきます。著者自らが登場し、毎度お馴染みの“浅見光彦”が警察庁刑事局長を兄に持つことを知った警察の態度の変容も楽しめるユニークなミステリです。

ドラマ&アニメトップへ

スペシャル番組 2008年1月25日

番組タイトル

"浅見伝説三部作:3 天河伝説殺人事件"

 

放送頻度/時間帯

2008年1月25日 /21:00〜

放送局/関連サイト

フジテレビ系(浅見伝説三部作:3 天河伝説殺人事件)

原作本情報

内田康夫「天河伝説殺人事件」(角川書店/角川春樹事務所刊)**角川文庫(上下巻)あり

原作本 & 番組紹介

 能の水上流宗家“水上和憲”の後継者と目されていた異母兄弟の孫“和鷹”と“秀美”。ところが舞台で“道成寺”を舞っているさなかに“和鷹”が急死し、直後に宗家“和憲”も突然行方不明に。その一方、新宿の高層ビル街で不審死を遂げた“川島”の手には能楽関係者に信仰の篤い天河神社のお守り“五十鈴”が握られていました。奈良県を取材中の“浅見光彦”がふたつの事件に深く関わっていくうちに、能楽の名流を巡る人々の愛憎劇が解き明かされていきます・・・。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月1日から

番組タイトル

"1分半劇場 24のひとみ"

放送頻度/時間帯

毎週月曜日〜水曜日 /27:00〜28:00台の2分間

放送局/関連サイト

TBS系(1分半劇場 24のひとみ)

原作本情報

原作:倉島圭「24のひとみ」(秋田書店刊)**3巻まで発売中! 

原作本 & 番組紹介

 原作は「週刊少年チャンピオン」連載中の教師なのに嘘つきな“ひとみ先生”に翻弄される、ブラックな学園ギャグ漫画。見かけの可愛さと少々毒舌過ぎる嘘のギャップに嵌ると話題のコミックです。今回は“1分半劇場”の第3弾として、テレビ番組表にも載らず、他番組の途中に突然始まるゲリラスタイルでドラマ化。月〜水の週3回×6ヶ月×全80話(予定)で放送。“ひとみ先生”を演じるのは秋山莉奈氏、どんな嘘つき先生になるのか楽しみです。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月1日から

番組タイトル

"チョコミミ"

放送頻度/時間帯

毎週月曜日 /17:30〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(チョコミミ)

原作本情報

原作:園田小波「チョコミミ」(集英社刊)**9月14日に3巻発売! 

原作本 & 番組紹介

 原作は、「りぼん」「りぼんオリジナル」(共に集英社)で連載中のしっかり者でまじめな“チョコ”こと“桜井ちよこ”と、マイペースで甘えんぼの“ミミ”こと“猫田ミミ”のとびきりキュートで仲良しな中学2年生の2人が繰りひろげる、おしゃれでポップなガーリー・ギャグコミック。侍のつもりの“ミミ”のワンコ“シフォン”や天然系の“ミカちん”、“チョコ”の弟“仁”に、更にちょっぴり気になる同級生の“ムムちゃん”こと“桃山ムム”や“アンドリュー”こと“安藤竜之介”も加わって、2人のほのぼのな毎日は今日も楽しそうです。今番組では、ドラマにアニメをミックスした新しいスタイルでガーリィ・ポップコメディとして展開。「ニコラ」(新潮社)専属モデルの寺本來可氏が“チョコ”を、AKB48の増山加弥乃氏が“ミミ”を演じるドラマ以外のファッション紹介コーナー“おしゃれノート”なども要チェック!今どきの中学生のトレンドをチェックできますよ!

★集英社のドラマ紹介の“チョコミミ”ページへはこちらから。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月1日から

番組タイトル

"バンブーブレード"

放送頻度/時間帯

毎週月曜日 /25:30〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(バンブーブレード)

原作本情報

原作:土塚理弘:原作,五十嵐あぐり:作画 「BAMBOO BLADE」(スクウェア・エニックス刊)
**9月25日発売の6巻では、インターハイ予選まで勝ち進んだ5人に試練(?!)の“たまちゃん”の怪我・・・! 


原作本 & 番組紹介

 原作は、「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)連載の剣道部を舞台に展開する学園コミック。室江高校剣道部顧問ながらすっかりやる気を失い、今日の食費にも困る貧乏教師“石田虎侍”は、ある日剣道部の先輩だった“石橋”から勝ったら実家のお寿司1年間食べ放題という条件で女子剣道部員の団体戦の練習試合を持ちかけられ、部長の“千葉紀梨乃”と女子新入部員の勧誘に乗り出します。ある日、グランドでトラブルに巻き込まれた際に、剣道道場の一人娘で凄腕の“川添珠姫”に出会い、ヒーローものに弱い正義感を利用して部員に。なぜか入ってきた男子新人部員“中田勇次”と“栄花段十朗”も加わり、部員獲得を画策していきますが・・・。メンバー集めから悪戦苦闘しますが、加わっていく女子部員の個性的なキャラクターの素顔の部分といざ試合の時の真剣さとのギャップが魅力です。冴えない“栄花”の彼女とは思えない美形ながら時折不審な謎の初心者“宮崎都”、幽霊部員から復帰した素顔はかなりドジな“桑原鞘子”が加わり、試合に向け練習に活気づくものの、団体試合には1人足りないまま練習試合の期日が迫ります・・・。部活動を通じて成長していく剣道部員達の姿をコミカルに描く、女子高生の青春学園剣道アニメの登場です。

★公式サイト“バンブーブレード”へはこちらから。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月2日から

番組タイトル

"キューティーハニー THE LIVE"

放送頻度/時間帯

毎週火曜日 /25:00〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(キューティーハニー THE LIVE)

原作本情報

原作:永井豪「キューティーハニー」(中央公論社/秋田書店刊ほか)
**永井豪氏自身の続編は「SPA!」(扶桑社)で「Cutieハニー」として掲載され、その後も「WEEKLY漫画アクション」に「キューティーハニー天女伝説」として掲載されています。 


原作本 & 番組紹介

 永井豪氏のお色気たっぷりのアクションコミック「キューティーハニー」の初ドラマ化作品。“如月ハニー”を演じるのはグラビアアイドルの原幹恵氏。原作は1973年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)のコミック連載と同時にテレビアニメが放送(毎日放送)され、更に同時に石川賢氏により「冒険王」(秋田書店)らにコミック連載し、その後も永井氏の作品を原案にさまざまな作家によるコミックの続編や小説が描かれている人気作品です。元となる物語は、アンドロイドの“如月ハニー”が、秘密結社“パンサークロー”と対決する物語。2004年には、庵野秀明監督、佐藤江梨子氏主演で実写映画化され、倖田來未氏がカバーした主題歌と共にヒットしています。さて連続ドラマの評価は?

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月2日から

番組タイトル

"素敵探偵ラビリンス"

放送頻度/時間帯

毎週火曜日 /25:30〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(素敵探偵ラビリンス)

原作本情報

原作:万城めいと:原作,若山晴司:作画 「素敵探偵ラビリンス」(講談社刊) 

原作本 & 番組紹介

 原作は、「マガジンSPECIAL」(講談社)連載の少年探偵“日向マユキ”が不思議な力“神智”を使い、彼に仕える執事の“信濃晴嵐”とメイドの“初美”、女子高生の“さなえ”と共に事件を解決していくファンタジックミステリ。舞台となるのは、謎の幻夢事件と呼ばれる怪事件・難事件が多発する、首都機能をすべて新都に移され忘れられた街となった旧都・東京。“マユキ”の事件の全容を知ることのできる“神智”の力で事件の謎を解き、“晴嵐”の“彩吊”で“初美”(蒼花)と“さなえ”(夕緋)は“彩”の姿に変身し、犯人たちに天誅をくだしていきます・・・。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月2日から

番組タイトル

"魔人探偵脳噛(のうがみ)ネウロ"

放送頻度/時間帯

毎週火曜日 /25:29〜

放送局/関連サイト

日本テレビ系(魔人探偵脳噛(のうがみ)ネウロ)

原作本情報

原作:松井優征「魔人探偵脳噛ネウロ」(集英社刊)**10月4日、13巻発売!
**オリジナルストーリーでCDドラマ化もされています!
集英社のCDドラマの詳細ページへはこちらから。 


原作本 & 番組紹介

 原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載中の摩訶不思議な世界を展開するコミック。魔界でも満たされなかった脳髄の空腹を埋めるべく究極の“謎”を求めて人間界に現れた“脳噛ネウロ”を惹きつけたのは、女子高生“桂木弥子”の父親が惨殺された密室殺人事件。謎に満ちた事件は“弥子”の日常を混乱と“ネウロ”へと導き・・・。やがて謎を食料とする魔界の住人で突然変異種の“魔人脳噛ネウロ”は新たな謎を求めて“弥子”を探偵に仕上げ“桂木弥子探偵事務所”こと“魔界探偵事務所”を開き、難事件を次々に“ネウロ”の魔界“777ツ能力(ななつどうぐ)”などで暴き、“ネウロ”はその事件の謎を喰べていくのですが・・・。今回のアニメーション制作はマッドハウスが担当、“ネウロ”がコミックよりちょっと怖そうです。

★集英社>“魔人探偵脳噛ネウロ”のページへはこちらから。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月2日から

番組タイトル

"逆境無頼カイジ"

放送頻度/時間帯

毎週火曜日 /24:59〜

放送局/関連サイト

日本テレビ系(逆境無頼カイジ)

原作本情報

原作:福本伸行「賭博黙示録カイジ」(講談社刊)全13巻
**続編には「賭博破戒録カイジ」全13巻、「賭博堕天録カイジ」は9月6日に11巻が発売に!(共に講談社刊) 


原作本 & 番組紹介

 原作は、1996年より「週刊ヤングマガジン」に連載を開始し、1998年の講談社漫画賞を受賞した人気コミック「賭博黙示録カイジ」。続編に「賭博破戒録カイジ」と「賭博堕天録カイジ」(連載中)があり、「カイジ シリーズ」と言われています。借金の保証人になったため負債を抱えた青年“カイジ”が、様々なギャンブルに挑んでいく異色のコミックで、追い詰められたギリギリの状況での思考や一発逆転の痛快さ、運を引き寄せる人間の限界を超えた思考や心理戦などを熱く展開していきます。物語は、無気力で自堕落で非生産的な暮らしをしていた“伊藤開司(カイジ)”もとに、やくざの“遠藤”が連帯保証人になっている借金の返済を要求してきたところから始まります。金利を合わせて385万の返済方法として、大手有名金融会社が主催する債務者を集めた一晩限りのギャンブル船“エスポワール”への乗船を持ちかけられ乗船、借金返済をかけた前代未聞のギャンブル“限定ジャンケン”に挑んだところから“カイジ”の長い賭博人生が始まります・・・。アニメーション制作はマッドハウス。“カイジ”の声は、俳優の萩原聖人氏が担当します。土壇場での生き延び方、“カイジ”が教えてくれます!

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月3日から

番組タイトル

"魔法先生ネギま!"

放送頻度/時間帯

毎週水曜日 /25:20〜**第1話のみ25:50〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(魔法先生ネギま!)

原作本情報

原作:赤松健「魔法先生ネギま!」(講談社刊)**17巻まで発売中! 

原作本 & 番組紹介

 英国ウェールズの魔法学校を卒業し、魔法使い見習いとなった10歳の少年“ネギ・スプリングフィールド”。父親のような立派な魔法使い“マギステル・マギ”になるための修行の課題は、日本の学校(麻帆良学園)で先生をすることでした。ひとり異国にやって来たとたん女子中等部2年A組の担任を任されることになった“ネギ”でしたが、31人の年上の女生徒相手に最初は全く子ども扱い・・・。しかも魔法使いであるとバレると厳罰となってしまうにもかかわらず、初日からいきなり自分のクラスの生徒“神楽坂明日菜”に魔法がバレ、戸惑いと苦労の連続でした。やがて学校の様々なイベントや事件を通して女生徒達とも信頼関係が生まれ、彼女たちに支えられながら、父“ナギ”を目指し成長していきます・・・。原作は、「週刊少年マガジン」(講談社)連載のコミック。2003年からスタートし2007年に第一部が完結し、現在は第二部。2005年(“魔法先生ネギま!”)〜と2006年〜(“ネギま!?”)の2回、テレビ東京系でテレビアニメ化され、今回は実写ドラマ化。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月4日から

番組タイトル

"逮捕しちゃうぞフルスロットル"

放送頻度/時間帯

毎週木曜日 /23:25〜

放送局/関連サイト

TBS系(逮捕しちゃうぞフルスロットル)

原作本情報

原作:藤島康介「逮捕しちゃうぞ」(講談社刊)単行本は全7巻、新装版は全5巻、新々装版は全6巻、漫画文庫版は全4巻で刊行されています。アニメ版の脚本や構成の横手美智子氏による書き下ろしオリジナルストーリーのノベライズ「逮捕しちゃうぞ プライベート・ファイルM&N」(講談社刊)もあります。 

原作本 & 番組紹介

 原作は、1986年から1992年まで「週刊モーニング・パーティ増刊」(講談社)で連載されていた女性警察官を主人公にした同名の人気コミック。主人公は、メカに強く理性的な“小早川美幸”とアクティブで豪快な“辻本夏実”の女性警察官コンビ。さまざまな事件を解決し、恋もする女性警察官の日常を描いた作品で、連続テレビアニメに2シーズン(1996年10月〜と2001年4月〜)、劇場版アニメ“逮捕しちゃうぞ the MOVIE”(1999年)、伊東美咲氏と原沙知絵氏のW主演の実写版連続ドラマ(2002年10月〜テレビ朝日系)の他ゲームや小説も発売されています。前シーズンのアニメ“逮捕しちゃうぞ SECOND SEASON”でコンビを解消した“夏実”と“美幸”の2人が再びコンビを組むところから始まる今作、パワーアップしたふたりがどんな活躍をしてくれるのか楽しみです。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月5日から

番組タイトル

"灼眼のシャナ II"

放送頻度/時間帯

毎週金曜日 /23:55〜

放送局/関連サイト

TBS系(灼眼のシャナ II)

原作本情報

原作:高橋弥七郎:著,いとうのいぢ:イラスト 「灼眼のシャナ」(メディアワークス刊)15巻までが刊行されており、16巻が11月10日発売予定!
**他に外伝と番外編が収録された「灼眼のシャナ0」、外伝が収録された「灼眼のシャナS」、劇場限定発売の「灼眼のシャナM」や笹倉綾人氏の作画によるコミック版「灼眼のシャナ」(「月刊コミック電撃大王」連載中)も3巻まで発売されています。(すべてメディアワークス刊) 


原作本 & 番組紹介

 原作は、ライトノベル・レーベル「電撃文庫」(メディアワークス)を代表する作品。人がこの世に存在するために必要な“存在の力”を人から奪うことで自身を顕現させ、在り得ない不思議を起こす“紅世の徒”が好き勝手にすることでこの世の調和が取れなくなってきたことに危機感を感じた、強大な力を持つ“徒”である“紅世の王”らの一部は、同胞を狩るという苦渋の決断を下します。彼らの尖兵となったのは、“徒”への復讐を願い誓った人間──己が全存在を“王”の器として捧げ、異能の力を得た人間──討滅者“フレイムヘイズ”。炎髪灼眼の討ち手として知られるフレイムヘイズ“シャナ”もそのひとりであり、彼女がであったのは、既に“徒”に力を奪われた“トーチ”という仮初の存在となっていることに気づいていない少年“坂井悠二”でした・・・。今第2期のアニメでは、“悠二”が身の内に宝具を宿したトーチであることが解り、“悠二”の身の内に宿す宝具“零時迷子”を狙う新たな“徒”に襲われることに。新たな敵の正体は?“零時迷子”の謎とは?“悠二”と“シャナ”の新たな物語が始まります・・・。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月6日から

番組タイトル

"しゅごキャラ"

放送頻度/時間帯

毎週日曜日 /9:30〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(しゅごキャラ)

原作本情報

原作:PEACH-PIT「しゅごキャラ!」(講談社刊)*4巻まで発売中!

原作本 & 番組紹介

 原作は「なかよし」(講談社)連載中の少女コミック。聖夜学園でウワサのスパイシー小学生“あむちゃん”こと“日奈森あむ”。クールでかっこよくて、みんなから一目置かれる存在。でもホントは、口下手で素直になれない性格。ある日なりたい自分に生まれかわりたい!とお祈りしたら、翌朝3つのたまごがベットに!?そこから生まれてきたのは、“ラン”・“ミキ”・“スゥ”の3人の“しゅごキャラ”。もうひとりの自分というこの子たちは・・・???

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月7日から

番組タイトル

"みなみけ"

放送頻度/時間帯

毎週日曜日 /25:30〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(みなみけ)

原作本情報

原作:桜場コハル「みなみけ」(講談社刊)**9月6日4巻発売! 

原作本 & 番組紹介

 原作は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)連載中の3姉妹の日常を描いたコミック。“南さんち”の3姉妹、しっかり者の高校生の長女“春香”、バカ野郎日本代表と“千秋”に呼ばれている中学2年の次女“夏奈”、辛辣な言葉を吐く小学生の三女“千秋”たちの他愛もない平凡な日常をまったりと描く、癒し系コミックです。ようこそ、南家へ。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月7日から

番組タイトル

"獣神演武 HERO TALES"

放送頻度/時間帯

毎週日曜日 /26:00〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(獣神演武 HERO TALES)

原作本情報

原作:黄金周:原作,荒川弘:作画 「獣神演武」(スクウェア・エニックス刊) 

原作本 & 番組紹介

 原作は、「ガンガンパワード」(スクウェア・エニックス)連載中の武侠コミック。8月11日に1巻が発売されましたが、売り切れ店が出るほどの注目度でした。今作は荒川弘氏がデビュー前にアニメ制作会社スタジオフラッグと企画していたオリジナル作品が元となっており、原作の“黄金周”は、荒川氏とスタジオフラッグにプロデュース会社のジェンコが加わり構成される原作者グループの名前です。アニメ化においても荒川氏自らがキャラクターデザインを担当、監督は関口修氏が務めます。国乱れ、荒ぶ世に民泣く時、天の導が如き七人の英傑がその地に舞い降り、星の宿業にその身を委ね、平定の世を願い激動の時代を駆け抜けていく・・・という謂れにの天に選ばれし七人の英傑たち“二天神尊と五神闘士”の集うべき時が訪れる・・・理想と正義が剣と拳で激突するその時、少年“岱燈”もまた宿命の中に存在し、広大な物語は幕をあげていきます・・・。

“獣神演武”公式サイトへはこちらから。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年10月13日から

番組タイトル

"しおんの王"

放送頻度/時間帯

毎週土曜日 /26:15〜**初回のみ25:45〜

放送局/関連サイト

フジテレビ系(しおんの王)

原作本情報

原作:かとりまさる:原作,安藤慈朗:漫画 「しおんの王」(講談社刊)5巻まで発売中! 

原作本 & 番組紹介

 原作は、「月刊アフタヌーン」(講談社)連載中の本格将棋サスペンスコミック。両親を目の前で惨殺されたショックから失語症となり声を失った少女“安岡紫音”。現場には将棋の駒が不自然に残っていたものの犯人は捕まらず、プロ棋士“安岡信次”の養女となった“紫音”が生きていくために手にしたのは将棋、女流棋士を目指す14歳となった“紫音”の物語が始まります。“紫音”が歩む将棋の道では、全く異なる環境で育ってきたライバルの女流棋士2人(?!)との交流を中心に“紫音”の成長が描かれていきます。やがて不審な存在に脅かされるようになり、自分の運命と両親を奪った事件にも向き合っていくことに。なぜ両親は殺され、“紫音”は生き残ったのか?犯人は棋士なのか・・・?原作のかとりまさる氏は、女流棋士として活躍した林葉直子氏のペンネーム。こんなところで活躍していたのですね。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中:2007年11月3日から

番組タイトル

"SP 警視庁警備部警護課第四課"

放送頻度/時間帯

毎週土曜日 /23:10〜

放送局/関連サイト

フジテレビ系(SP 警視庁警備部警護課第四課)

原作本 & 番組紹介

 直木賞作家・金城一紀氏の初の書き下ろし脚本(原案も担当)がドラマ化されます!SPとはSecurity Police(要人警護官)の略で、国政に関わる国内外のVIPを警護するため1975年にアメリカのシークレット・サービスを手本に創設された任務で、非常時にはVIPの身代わりとして盾ともなる存在。今ドラマの舞台となる警護課第四係 機動警護班は、警護の増員時や、係が欠員した各係の助っ人補充要員となったり、外国VIPの警護を行う部署。岡田准一氏演じる今シリーズの主人公“井上薫”も新人SPとして配属されてきます。幼い頃にテロの巻き添えとなり両親の死に遭遇するという過酷な体験から“フォトグラフィック・メモリー”(一瞬で物事を映像として記憶できる)や、インディアンが駆使する特殊能力“トラッキング”(残された足跡などから情報を得る)能力という五感を研ぎ澄ました特殊な能力を持つ“薫”の上司は、堤真一氏演じる“尾形総一郎”。東大法学部出身でキャリアとしての能力を持ちながら、あえて一般採用で入庁し現場に出るために昇進試験も受けずにいる機動警護班係長の“尾形”は、“薫”の両親が亡くなったテロの現場に遭遇し、その経験からSPになろうと決意し、シークレット・サービスでの研修経験も持ち、警察組織の急先鋒の改革論者として“薫”の能力をいち早く認め部下にしたが、その真意は明かしていない謎多き存在でもあります。華やかな彩りを加えるのは、容姿端麗で情熱家、そして射撃の元オリンピック選手の同僚“真木よう子”。・・・設定を知っただけでも続きが知りたくなる今作ですが、実は原作小説としては描かれてなく、厳密にはまだ原作不在の状態です。・・・きっとドラマの始まる前後にはノベライズ化または関連書籍が登場すると先走ってのご紹介です。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中

番組タイトル

"ゲゲゲの鬼太郎"

放送頻度/時間帯

毎週日曜日 / 9:00〜

放送局/関連サイト

フジテレビ系(ゲゲゲの鬼太郎)  東映アニメーション公式サイト(ゲゲゲの鬼太郎)

原作本情報

原作:水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」(講談社・朝日ソノラマ・中央公論新社・角川書店・扶桑社・筑摩書房・ポプラ社ほか刊)

原作本 & 番組紹介

 ゴールデンウィークに公開されるウエンツ瑛士氏主演の実写版映画に先駆け、1968年のモノクロ放送から5回目の人気妖怪アニメ“ゲゲゲの鬼太郎”が復活します。妖怪の怖さや不思議さだけではなく、ユーモアに溢れた作品を目指すという今シリーズ。おなじみの“鬼太郎”や“目玉おやじ”、“ねずみ男”、“ネコ娘”、“砂かけ婆”、“子泣き爺”の主要メンバーはもちろん、不思議な魅力を持つ妖怪たち登場予定です。妖怪ポストに助けを求め“鬼太郎”と妖怪たちに助けて欲しくなる不思議な事件は現代にもあり、実は妖怪たちが引き起こしているものもあるようですが、でもその背景には自分たちの利益のみを追求し妖怪の世界や自然を踏み荒らした人間たちの姿があることも教えてくれます。“鬼太郎”たち妖怪とも共存できる世界を築いていけるように努力したいものです。予定のない日曜日の朝には、“鬼太郎”たちの純粋さに触れてみませんか?

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中

番組タイトル

"ハヤテのごとく!"

放送頻度/時間帯

毎週日曜日 / 10:00〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(ハヤテのごとく!) 週刊少年サンデー」公式サイト(Webサンデー

原作本情報

原作:畑健ニ郎「ハヤテのごとく!」(小学館刊)*4月18日に最新刊11巻発売予定!

原作本 & 番組紹介

 原作は週刊「少年サンデー」(小学館)連載中の人気コミック。主人公は、夢見がちで定職に就かない父親と博打好きな母親を抱え、自転車便のバイトで家計を支える“綾崎ハヤテ”16歳。年齢がバレてクビになり家に帰ると、1億5千万円の借用書を残し両親はが逃亡・・・。借金取りに追われる“ハヤテ”は、気の迷いから通りすがりの少女を誘拐しようと計画。誘拐するつもりで声を掛けた大富豪のお嬢さま“三千院ナギ”に、愛の告白をされたとカン違いされ、なりゆきで気がついたら三千院家の執事をすることに!さらにお嬢さまは借金を肩がわりしてくれたものだから、少年執事“ハヤテ”は“ナギ”に振り回されながら、お嬢さまにお金を返すべく大健闘・・・。少年執事とお嬢様、ふたりを見守る美人メイド“マリア”と言葉をしゃべるねこ“タマ”ら三千院家ゆかりの人々に、“ナギ”の許嫁“橘ワタル”や親友“鷺ノ宮伊澄”らを巻き込んだ溌剌ラブコメディです。日曜の朝は早起きして優しく正義感あふれ幸薄い“ハヤテ”を応援してあげてください!!

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中

番組タイトル

"まるまるちびまる子ちゃん"

放送頻度/時間帯

毎週木曜日 / 19:00〜

放送局/関連サイト

フジテレビ系(まるまるちびまる子ちゃん) 

原作本情報

原作:さくらももこ「ちびまる子ちゃん」(集英社刊)*りぼんマスコットコミックスは15巻まで*集英社文庫は1〜9巻で発売中!

原作本 & 番組紹介

 2006年にスペシャルドラマ、そしてアンコールドラマと2度にわたって放送された実写版“ちびまるこちゃん”が連続ドラマ化されることになりました!ドラマ第1弾から“まる子”を演じた初代ちびまる子ちゃんの森迫永依氏は卒業し、800人を超える応募の中から選ばれた2代目ちびまるこちゃんは8歳の伊藤綺夏氏。課題の泣くお芝居では審査員の大人たちが思わずもらい泣きした満場一致の決定という噂。なるべく大きくならないように願っています(ゴメンネ)。さくら家のその他のメンバーにも、お母さんに酒井法子氏、お父さんに三村マサカズ氏、おばあちゃんに宮崎美子氏、お姉ちゃんに村崎真彩氏、おじいちゃんにモト冬樹氏と・・・明るく楽しいメンバーが勢揃い、アニメともコミックとも一味違う実写ドラマもお楽しみください!

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中

番組タイトル

"デルトラ・クエスト"

放送頻度/時間帯

毎週土曜日 / 8:00〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(デルトラ・クエスト) 岩崎書店サイト(デルトラ・クエスト

原作本情報

原作:エミリー・ロッダ、訳:岡田好惠、画:はけたれいこ「デルトラ・クエスト」(岩崎書店刊)
コミック化:原作:エミリー・ロッダ、画:にわのまこと コミック版「デルトラ・クエスト」(講談社刊:コミックボンボンKC)
※関連書で、デルトラファン待望の公式ガイドブック。デルトラ・クエストの世界を100倍楽しくさせる本「デルトラ・クエスト オフィシャルガイドブック」(岩崎書店刊)、デルトラファン必携の一冊。デルトラに住む怪物のすべたがわかるビジュアル図鑑「デルトラ・クエスト モンスターブック」があります。

原作本 & 番組紹介

 原作は、オーストラリア最優秀児童図書賞(低学年部門)を何度も受賞している、現代を代表する女流児童文学作家エミリー・ロッダ氏のファンタジー作品。日本以外にも全世界30ヶ国以上の子供たちに親しまれている作品です。
物語は、平和だったデルトラ王国に“影の大王”が現れ、王国を守っていた、王家に伝わる7つの宝石が奪われてしまうという事件から始まります。この危機を救うために立ち上がったのが、鍛冶屋の少年“リーフ”。1枚の地図を頼りに、旅の仲間となった、デルトラ城の衛兵だった“バルダ”、沈黙の森で出会った“ジャスミン”と共に宝石が隠されている七つの魔境を目指して旅にでます。“影の大王”の罠が張り巡らされ、魔境を守るモンスターが行く手を邪魔する旅の先にあるものは…。迫り来る敵、深まる謎、息もつかせぬ展開は、まるでロールプレイングゲームのような魅力を持ち、深まる仲間の結束や友情、そして“リーフ”の成長ぶりに、思わず物語の世界に引き込まれてしまいます…最期に待ち構える大どんでん返しとは…?“リーフ”はデルトラ王国を影の大王の手から取り返せるのでしょうか?
 ちなみに著者名の “エミリー・ロッダ”は、祖母の名前からとったペンネームで、エミリー・ロッダ名義の邦訳作品には、「リンの谷のローワン」シリーズ、「ふしぎの国のレイチェル」(共にあすなろ書房刊)等があり、本名のジェニファー・ロウ名義でも「不吉な休暇」(社会思想社刊)等大人向けの本格謎解きミステリも発表しています。ロッダ氏の作品の多くは、「リンの谷のローワン」シリーズの“ローワン”に代表されるように、弱かった主人公の成長をベースに優しさと勇気を学んでいく冒険ファンタジーで、お母さんが子供達に聞かせているかのような温かさと懐かしさも兼ね備え、世界中に多くのファンを持っています。アニメ化されるのは今回が初めて。昨年来日の際のインタビューでは、クールでかっこいいと、大満足の様子。今アニメの世界公開も間近?!

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中

番組タイトル

"D.Gray‐man(ディーグレイマン)"

放送頻度/時間帯

毎週火曜日 / 18:00〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系 (D.Gray‐man) 「少年ジャンプ」( D.Gray‐man ) サイト

原作本情報

原作:星野桂 「D.Gray‐man(ディー グレイマン)」(集英社刊)

原作本 & 番組紹介

 原作は、「少年ジャンプ」(集英社)連載中の人気コミック。現在8巻めまでが刊行され、11月2日に最新刊9巻が発売予定です。
物語の舞台は、仮想19世紀ヨーロッパ。 "機械"と"魂"と"悲劇"を材料に造まれる悲しき悪性兵器"AKUMA"を製造し世界の終焉を目論む"千年伯爵"に対抗できるのは、神の十字架を左手に持つ"エクソシスト"。少年"エクソシスト"である"アレン・ウォーカー"を主人公とした戦いが始まります・・・
左目に呪われた印を持つ白髪の少年"エクソシスト・アレン"達の運命はいかに・・・!

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中

番組タイトル

"結界師"

放送頻度/時間帯

毎週木曜日 / 26:29〜

放送局/関連サイト

日本テレビ系 (結界師)

原作本情報

原作:田辺イエロウ 「結界師」(小学館刊)

原作本 & 番組紹介

 原作は、「少年サンデー」(小学館)で好評連載中の妖(あやかし)退治を行う"結界師"の活躍を描いたコミック。開祖から受け継いだ結界術の正統な後継者であるかを400年に渡り争い続けてる墨村家と雪村家の末裔"墨村良守"と"雪村時音"こそがこの物語の主人公。"良守"はお菓子作りが趣味の烏森学園中等部2年生の14歳。自らの使命に嫌気を感じていたが、幼い頃、妖相手に絶体絶命の危機だったところを"時音"に救われ右手に大怪我をさせてしまったことがあり、それ以来"時音"を守るために強くなることを心に誓っています。"時音"は、容姿端麗で頭脳明晰、ただしゴキブリが大の苦手な烏森学園高等部1年生の16歳。"結界師"という自分の仕事に誇りを持っているかなり勝気な女の子。
敬遠の中でありながら、気になる幼なじみでもある私立"烏森学園"の中等部と高等部の同窓生です。私立"烏森学園"が、妖を呼び寄せ力を高めてしまう魔性の地であるために、昼は普通の学生として、夜は"結界師"として妖を退治するために二人は昼夜問わず"烏森学園"に通っています。
ある日、謎の妖"黒芒楼(こくぼうろう)"や人間の異能者集団"裏会(うらかい)"という、いつもとは異なる不穏な強い気配が烏森の持つ力に惹かれて動き始め、"結界師"の二人の戦いが始まります…。
中学生のヒーローと高校生のヒロインという逆転年齢の若き主人公達を中心とした"結界師"一族の活躍が楽しみです。

ドラマ&アニメトップへ

放送継続中

番組タイトル

"きらりん☆レボリューション"

放送頻度/時間帯

毎週金曜日 / 18:00〜

放送局/関連サイト

テレビ東京系(きらりん☆レボリューション)

原作本情報

原作:中原杏 「きらりん☆レボリューション」(小学館刊)

原作本 & 番組紹介

 原作は「ちゃお」(小学館)ほか小学館の学年別学習雑誌や幼児誌でも連載中の人気少女コミックス。元気いっぱい・食欲旺盛な14才のふつうの女の子の"月島きらり"が、人気アイドルユニット"SHIPS"の"星司"に一目ぼれして芸能界入りし、アイドルめざして頑張るうちに本当の自分の気持ちに気がついて・・・。という、女の子の恋の始まりを描いたほのぼのストーリー。協力者のスーパーキャット"なーさん"もアニメに登場、原作同様に"きらり"を応援してくれます。 今アニメでは、"月島きらり"の声を演じるのは、年齢も"きらり"と同じ14歳の"モーニング娘。"の久住小春さん。オープニング曲とエンディング曲も"きらり"としてソロで歌います。 "モーニング娘。"のリーダー 吉澤ひとみ氏もアニメに登場する予定なので、こちらもお楽しみに!

ドラマ&アニメトップへ


速報!
ドラマ&アニメ化決定リスト

2009年1月秋放送予定

番組タイトル

"天地人"

放送頻度/時間帯

毎週日曜日 /20:00〜 予定

放送局/関連サイ

NHK総合(天地人)

原作本情報

原作:火坂雅志「天地人」(日本放送出版協会刊) 

原作本 & 番組紹介

 2009年から放送予定のNHK大河ドラマ“天地人”の主人公は、“上杉景勝”に仕えた上杉家の家老“直江兼続”。戦国の時代に義と愛に生きた知勇兼備の“義の武将”と言われる“直江兼続”とそれを支えた女たちが描かれていきます。原作は、2006年に発表された火坂雅志氏が“直江兼続”の生涯を描いた歴史小説。脚本は小松江里子氏が担当。

ドラマ&アニメトップへ